イベント情報

2015.02.17

【終了】言語文化研究所研究発表会・シンポジウム「英米文学の名作を読むⅣ」

タイトル 言語文化研究所主催研究発表会・シンポジウム
「英米文学の名作を読むⅣ」 

研究
発表会

日時:平成27年1月31日(土)13:00~15:00
会場:聖徳大学10号館14階
発表者:藤井繁(聖徳大学名誉教授)
演題:ルイス・キャロルのノンセンス文学


日時:平成27年2月7日(土)13:00~15:00
会場:聖徳大学10号館12階
発表者:宮内泰彦(元聖徳大学兼任講師)
演題:タイリーシアスの声は予言のように木霊す
      -T.S.エリオットはなぜ『荒地』を創作したのか-
シンポジウム
日時:平成27年2月21日(土)13:00~15:00
会場:聖徳大学10号館12階

発題者1:天野暁子(聖徳大学兼任講師

      クリスマスキャロル再考

発題者2:山下登子(聖徳大学兼任講師

      『日陰者ジュード』(Jude the Obscure,1895)再考               -ジュードとちびの時じいさんの対比をめぐって-

発題者3:井村猛(聖徳大学兼任講師
      To不定詞の否定表現:「not+to+動詞」と
           「to+not+動詞」
チラシ チラシのPDFファイルはこちら
ページの先頭へ