イベント情報

2015.05.01

【終了】第8回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会のご案内

タイトル
少子高齢化社会と子どもの育ち・おとなの発達
―ワークライフバランスはなぜ重要か―
日時・場所 平成27年5月23日(土) 13:00~14:30
聖徳大学10号館 14階
※参加費無料(定員100名)
内容
  「少子高齢化社会」としきりにいわれています。激しい社会の変化は、家族のかたちと機能を否応なく変化させました。その結果、晩婚化、非婚化、離婚増、家庭内暴力、過労死や育児不安など、職場でも家庭でも、男性・女性にさまざまな問題現象が生じています。子どもの育ちとおとなの発達双方に生じている問題に、私たちはどのように対処すればよいのでしょうか。ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の大切さを発達心理学の研究から考えながら、これからの家族、親と子の関係について提案します。
講師 講師:柏木惠子
(東京女子大学名誉教授、教育学博士)
チラシ チラシのPDFファイルはこちら

心理教育相談所のホームページはこちら 

ページの先頭へ