イベント情報

2018.10.23

【終了】聖徳大学 食に関する講演会

タイトル 松戸学官連携推進事業
聖徳大学 食に関する講演会
日時 1日目:平成30年11月17日(土)14:00~15:30
2日目:平成30年11月18日(日)14:00~15:30
※各日まつど健康マイレージ 5マイル対象
場所 聖徳大学1号館2階 1219教室
JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩5分
定員 200名(事前申込不要・入退場自由・参加費無料)
1日目
(11/17)

『起業した管理栄養士が考える、経営とフードスペシャリストの意義 ~美味しい!続けられる健康的な食事とは~ 
講師 高野 翠 先生(管理栄養士のビストロ EIZEN 副代表)


 管理栄養士として病院勤務時代に感じた“ある想い”から『起業管理栄養士』へと転身。サラリーマンから経営者となり「経験し学んだ事」「管理栄養士やフードスペシャリストの必要性」また「家庭で出来る“ヘルシー食のススメ”」等を講演。
   『食に携わる人間として、働く上で必要な事とは何か?』を“食のプロフェッショナル”を目指す方々には、演者の経験談を通じて考えて頂ければと思います。
   演者は、松戸市に厨房を構え、流山市で『管理栄養士のビストロ EIZEN 』を店舗経営しており、リアルなクチコミとリピーターさんで成り立っています。「ヘルシーなのに・・・美味しい?!また食べに来ます!」とほとんどのお客様がお話くださる食事。TVやラジオ、新聞や雑誌にも取り上げられた『ヘルシー食の概念を覆す食事が出来るまで』についてもお伝えします。

共催 公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会

2日目
(11/18)

『 災害から考える食の危機管理
 ~災害食を活用した食教育・防災教育~ 

講師 別府 茂 先生
(新潟大学大学院 客員教授 日本災害食学会 理事・副会長)


 大規模地震などの災害時には、食の問題は生命を脅かす事態を引き起こす事はよく認識されているものの、簡便な食生活に慣れた現代社会の日常ではなかなか対策も進まないのが現状と言えるでしょう。
   従来の非常食は、長期保存性と災害直後の栄養摂取に重点を置いていたため、多彩な需要に応えきれないことを昨今の震災経験で痛切に実感させられています。そこで、本講演では、「災害から考える食の危機管理」について、その必要性や考え方を学ぶとともに、「災害食をテーマに、被災時に命を守るための食教育を日常生活のための食教育にどのように生かせるか」についてお伝えします。
   災害食を考えることは特別なことではなく、ちょっと不便な状況になった際の日常の食事と捉えると、きっと「食の原点」に気づかされるのではないかと期待しています。

後援 一般社団法人 全国栄養士養成施設協会

主催 聖徳大学人間栄養学部人間栄養学科
共催 松戸市
後援 松戸市教育委員会
その他

手話通訳・要約筆記あり

= 同時開催 =
11月17日(土)、18日(日) 10:00~15:00

人間栄養学部企画 展示・体験コーナー
① Human Nutrition ―運動と所持でロコモ予防!―
② 栄養指導研究 ―骨の強さを知ろう―
③ 健康・栄養教室 ―体格と栄養の関係について―
④ 公衆栄養学研究 ―食事バランスをチェック!―
※各日4企画参加で まつど健康マイレージ5マイル付与

チラシ チラシのPDFファイルはこちら
ページの先頭へ