イベント情報

2018.12.05

言語文化研究所主催講演会 「健康になるための食事の基本」

タイトル 健康になるための食事の基本
日 時
会 場

日時:平成31年1月26日(土)14:00~15:30

会場:聖徳大学生涯学習社会貢献センター
(聖徳大学10号館)14階
千葉県松戸市松戸1169
JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分

定 員 100名 ※参加費無料(事前申込不要)
講 師

畠山 和幸 (はたけやま かずゆき)先生

  • プロフィール
    1981年山口大学医学部卒業後、京都大学大学院で生理系生化学分子生物学を専攻し、1987年博士号取得(医学博士)。大阪医科大学化学助手、コーネル大学医学部客員助教授を経て、ピッツバーグ大学医学部に着任し准教授となる。2004年に帰国後は2014年まで複数の外資系製薬会社のメディカルディレクターを務める。2010年以降は内科・健診を専門として研究、臨床を行っている。現在、早稲田大学国際教養学部で招聘講師として教鞭をとっている。
内 容

 長寿を謳歌していると報道される現代の日本ですが、一方では成人病は増加しています。成人病には高血圧症、糖尿病、脂質異常症を始め、これらの異常が原因となる心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの心血管障害があります。また癌、認知症も増加しています。一体なぜこのような生活の質、人生の質を著しく害する病気が近年増えてきているのでしょうか。
現代の日本人の病気は食べているものにその原因のほとんどがあると考えています。近年、劇的に変化した日本で当たり前となった食習慣と食べ物そのものにあるのです。この講演では、マスコミに流れる多くの偏った情報、時には間違った情報に基づいた皆さんの常識を訂正し、本来人間がもっている健康力を全開するための食事について基本となる最も大事な事をお話しします。

後 援 松戸市、松戸市教育委員会、我孫子市、市川市教育委員会
柏市教育委員会、取手市教育委員会
チラシ チラシのPDFファイルはこちら
ページの先頭へ