イベント情報

カテゴリーアーカイブ

2018.05.19

児童学研究所講演会「障がいのある子どもたちへの支援の現場」

【完成】A4_聖徳大学_障がいのある子どもたちへの%-001
タイトル 障がいのある子どもたちへの支援の現場
~アフリカ、ケニアで子どもたちに寄り添って~
日時・場所

日時 : 平成30年7月20日(金) 16:25~17:55
会場 : 聖徳大学1号館2階 1219教室
定員 : 200名
※参加費無料(事前申込不要)

対象 本学学生・教職員等
内容  シンガーソングライターさだまさし氏の名曲で、2015年に
映画にもなった「風に立つライオン」。
 今から約50年前、JICAの前身、海外技術協力事業団から
東アフリカの国ケニアに派遣された日本人医師が主人公です。
 主人公のモデルとなった日本人医師から代々手渡されてき
た「希望」のバトンを、新たな形で引き継いでいる女性がいま
す。その方が、本講演の講師、公文和子先生です。公文先生
は、途上国で欠けている障がいのあるお子さんやそのご家族
に対する包括的ケアを行う療育事業「シロアムの園」を立ち上
げられました。ケニアから帰国されているこの機会に、女性が
国際協力の場で活躍する重要性も含め、ケニアでのご経験を
語っていただきます。
講師

 公文 和子 ( くもん かずこ ) 先生

~経歴等~
 和歌山県生まれ、東京育ち。1994年北海道大学医学部を
卒業後、北海道大学小児科医局入局。北海道大学医学部大
学院で学位取得後、さらにリバプール熱帯医学校熱帯小児医
学修士取得。東チモール、シエラレオネ、カンボジアでの病院
勤務を歴て、2002年より現在まで、ケニアで医療活動を続け
ている。
 16年間在住するケニアでは、JICA(国際協力機構)専門家・
非政府非営利団体の活動などを通して、HIV分野の人材の
育成、コミュニティや医療施設におけるマラリア・HIV・結核対
策、日本政府とケニア国保健分野への協力・他ドナーとの調
整、保健システム強化、小児臨床などさまざまな分野で活動
を行った後、3年半前にケニアの障がい児のための療育事業
「シロアムの園」を設立。

チラシ チラシのPDFファイルはこちら
ページの先頭へ