モーツァルトin聖徳2006 > 論文・エッセイ


Mozart in Seitoku 2006

ルドルフ・アンガーミュラー:「アントレッター・セレナード」をめぐって

ドイツ語版(PDF112K)
日本語版(PDF268K)

ルドルフ・アンガーミュラー 博士
Rudolph Angermüller

1940年ビーレフェルト生まれ。ミュンスター大学修了後、ザルツブルク大学にて博士号取得。1972年よりザルツブルク国際モツァルテーウム財団司書としてモーツァルト文献目録の編纂に従事。1973年から1981年まで新モーツァルト全集の編集委員を務めた後、1981年に同財団学術部長、1988年には事務局長に就任、昨年定年で退職をするまでその任にあった。ザルツブルク国際モツァルテーウム財団モーツァルト研究所所員。モーツァルトおよびサリエーリに関する多数の著書、論文があるほか、楽譜編集も多い。ヨーロッパおよび日本における多くの展覧会にも参画している。オーストリア共和国名誉勲章および低オーストリア州モーツァルト賞等を受けている。『モーツァルトのオペラ』は、邦訳がある。


モーツァルトin聖徳2006 > 論文・エッセイ