モーツァルトin聖徳2006 > 論文・エッセイ


Mozart in Seitoku 2006

オットー・ビーバ:
ウィーンにおけるモーツァルト時代のセレナード

Otto Biba: Serenaden zu Mozarts Zeit in Wien

・日本語版(PDF 176KB)
・ドイツ語版(PDF 48KB)

オットー・ビーバ博士
(ヴィーン楽友協会資料館館長)

1946年ヴィーン生まれ。ヴィーン大学にて博士号取得。1973年からヴィーン楽友協会資料館に勤務。1979年から資料館館長に就任、現在に至る。1973年から2000年までヴィーン音楽演劇大学講師。ザルツブルク国際モツァルテーウム財団モーツァルト研究所所員のほか、ケルンのヨーゼフ・ハイドン研究所、テュービンゲンの国際シューベルト協会などの国際的な学術組織委員会委員を務めるほか、ミュンヒェンのヨハネス・ブラームス全集をはじめとする楽譜編集にも携わっている。17世紀から20世紀の音楽史関係の書籍ほか、18世紀および19世紀の作曲家の作品の出版は120点以上にもなっている。欧米や日本での講演も多く、また多くの展覧会にも参画している。


モーツァルトin聖徳2006 > 論文・エッセイ