Pick up ピックアップ

心理教育相談所のリーフレットがダウンロードできます4400kb 

Event イベント情報

第11回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会 NEW


 認知症は他人ごとではなく、地域の問題でもあるという意味で、認知症を正しく理解し、地域全体で支えるという視点が大切です。認知症と一般的なもの忘れの違い、認知症の種類、認知症の人の置かれている状況、認知症の症状の理解、認知症の人への対応の基本、家族の抱える問題点と課題、家族の心がまえなどを理解し、認知症になっても安心して暮らせる街を目指しましょう。

 
講 師 : 加藤 伸司(東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科教授、認知症介護研究・研修仙台センター長)
日本大学文理学部卒業。聖マリアンナ医科大学病院神経精神科(臨床心理士)、北海道医療大学助教授、
高齢者痴呆介護研究・研修仙台センター研究研修部長を経て現在に至る。
 
[主な論文・著書]
  ・改訂長谷川式簡易知能評価スケールの作成(老年精神医学雑誌)
  ・認知症の人を知る(ワールドプランニング社)
  ・認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか(河出書房新社)
  ・家族が高齢者虐待をしてしまうとき(ワールドプランニング社)
  ・発達と老化の理解「介護福祉士養成テキストブック」(ミネルヴァ書房) 等

日 時 : 平成28年10月1日(土)13:00~15:00
会 場 : 聖徳大学10号館14階
      (JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分)
定 員 : 100名(事前申込不要・参加費無料)
後 援 : 松戸市、松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
 当日のチラシはこちらから 

お問い合わせ : 聖徳大学心理教育相談所 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
         電 話:047-308-3887(直通)

下記のイベントは終了しました
各イベントの詳細はタイトルをクリックすると表示されます。

第10回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会 DVを知る講座 ~大切な人といい関係を築くために~


 DV(ドメスティック・バイオレンス)は親密な間柄で起きる暴力です。全国の相談件数は10万件を超え、年々増加しています。DVは周囲から見えづらく、特に精神的な暴力(心理的虐待)は当事者自身も気づかないまま、被害が長期間に及んでしまうことも少なくありません。
 心身の健康を保ち、親密な間柄の相手と「いい関係」をどのように築いていくのか。本講演会では、参加者の皆様がそれぞれの身近な人との関係をいま一度見つめ直し、「パートナーシップ」について共に考えます。
 

講 師 : 山中 多民子(DV・虐待予防研究会代表)
DV予防教育講座ファシリテーター・認定心理士・産業カウンセラー。平成17年より学校・市民講座等でDV防止セミナーやワークショップを実施。カウンセリングや関連書物の翻訳、研究発表を行いつつ、地域の支援者や当事者・研究者間のネットワーク作りを進めている。

日 時 : 平成28年7月16日(土)13:00~14:30
会 場 : 聖徳大学10号館14階
      (JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分)
定 員 : 100名(事前申込不要・参加費無料)
後 援 : 松戸市、松戸市教育委員会、市川市教育委員会、
      柏市教育委員会、取手市教育委員会
 当日のチラシはこちらから 

お問い合わせ : 聖徳大学心理教育相談所 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
         電 話:047-308-3887(直通)

カール・ロジャーズを知っていますか? ―カウンセリングを生みだした人の願い―

聖徳大学創立25周年・聖徳大学短期大学部創立50周年記念
第9回聖徳大学心理教育相談所主催講演会



 カウンセリングは世界恐慌直後の児童相談所に赴任したカール・ロジャーズによって生み出されました。カール・ロジャーズは、混乱する社会・家庭状況のなかで、目の前の個人に耳を傾け、ともに考えるプロセスの価値を実践しながら見出していきました。
 平和な社会で夢を描いて生きてきた若者達は、社会人として生きる中で未知の困難を経験します。そのなかで、自分自身を見失うことなく人生を歩むのに役立つようなカウンセリングの歴史と要をご紹介します。

講 師 : 畠瀬直子(関西人間関係研究センター代表)

  • 略歴
    • 1964年お茶の水女子大学卒業
    • 1972年京都大学大学院博士課程を単位取得退学
    • 滋賀大学助教授、関西大学教授を経て、現在、
    • 関西人間関係研究センター代表
  • 主な著書
    • 暮らしに生かすカウンセリング―ロジャーズ派カウンセリングの英国から(誠信書房)
    • 悲しみに寄り添うカウンセリング(大日本図書)
    • カウンセリングと「出会い」(創元社) 他多数

日 時 : 平成27年7月25日(土) 13:00~14:30
会 場 : 聖徳大学10号館14階
定 員 : 100名(事前申込み不要・参加費無料)
参加費 : 無料
主 催 : 聖徳大学心理教育相談所
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
 当日のチラシはこちらから 

問合先 : 聖徳大学心理教育相談所 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬150
      電 話:047-308-3887(直通)

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

少子高齢化社会と子どもの育ち・おとなの発達―ワークライフバランスはなぜ重要か―


第8回聖徳大学心理教育相談所主催講演会


 「少子高齢化社会」としきりにいわれています。激しい社会の変化は、家族のかたちと機能を否応なく変化させました。その結果、晩婚化、非婚化、離婚増、家庭内暴力、過労死や育児不安など、職場でも家庭でも、男性・女性にさまざまな問題現象が生じています。
 子どもの育ちとおとなの発達双方に生じている問題に、私たちはどのように対処すればよいのでしょうか。
 ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の大切さを発達心理学の研究から考えながら、これからの家族、親と子の関係について提案します。

講 師 : 柏木惠子 (東京女子大学名誉教授、教育学博士)
日 時 : 平成27年5月23日(土) 13:00~14:30
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター  聖徳大学10号館14階
      千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
定 員 : 100名(事前申込不要)
参加費 : 無料
主 催 : 聖徳大学心理教育相談所
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
 当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

災害後に、現場で求められる心理的応急処置(PFA)とは?〜私たち一人一人にもできること〜

第7回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会


 皆さんは「PFA」をご存知でしょうか? PFA(サイコロジカル・ファースト・エイド)は、自然災害や、事故や事件への遭遇、DVやいじめ、ハラスメント等で極めて強いストレスを体験した人々に対する安全で有効な心理的応急措置として確立された方法で「心の応急手当」とも言えるものです。
 その中でもWHO(世界保健機構)版PFAは、専門家でない人でも容易に行える安全な心理的応急措置として、世界各地の紛争地や被災地で支援に当たる人々に提供されています。
 本講演会では、PFAの紹介を通して、誰もが遭遇する心の危機に自分自身でできることは何なのかを考えます。

日 時 : 平成26年10月18日(土) 14:00~16:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター  聖徳大学10号館14階
      千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
定 員 : 100名(事前申込不要)
参加費 : 無料
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
 
講師
 種市康太郎 (桜美林大学 心理・教育学系 准教授)
 博士(文学)、臨床心理士、精神保健福祉士。
 企業従業員のメンタルヘルス対策が専門。
 東日本大震災後の企業従業員のメンタルケアを担当。
 PFAのインストラクターとしても活動している。
当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

第6回聖徳大学心理教育相談所主催講演会



 うつや不安はなぜ生じるのでしょうか。うつや不安に対する心理療法の基盤となる認知行動理論は、個々人の物事のとらえ方がその人の行動に影響するという考え方にもとづき、人の感情や行動の変化を試みようとするものです。
 今回の講演では、うつ病と不安障害(対人恐怖やパニック障害など)をとりあげて、そのメカニズム、状態の理解のしかた、それらに対する認知行動療法(認知行動理論にもとづいた心理療法)の基礎・基本を紹介します。

日 時 : 平成26年7月26日(土)13:00~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 100名(事前申込み不要)※どなたでもお気軽にご参加下さい。
参加費 : 無料
当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

学校法人東京聖徳学園創立80周年記念事業 第3回聖徳大学心理教育相談所主催シンポジウム 現代社会をしなやかに生きる ~アサーションいろはかるたで学ぶ~


 日常生活の中で、言いたいことを我慢しすぎて体調を崩した、逆に怒りを爆発させて気まずい思いをしたというような経験は、誰にでも心当たりがあるのではないでしょうか。
 アサーティブネスとは、自分も相手も大切にした自己表現を意味しています。率直な自己表現は、自分が納得するだけでなく相手にもさわやかな印象を与えます。
 このシンポジウムでは、私たちのアサーティブネスに関する研究結果の一部をご紹介するとともに、アサーティブネスを学ぶために作成した「かるた」を使って、実際に楽しみながらアサーティブネスについて学びたいと思っています。

日 時 : 平成25年11月30日(土)13:00~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)12階 千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 60名(事前申込み不要)※どなたでもお気軽にご参加下さい。
参加費 : 無料
当日のチラシはこちらから 

 

内容:テーマ「現代社会をしなやかに生きる~アサーションいろはかるたで学ぶ~」
   第Ⅰ部 成人期のアサーティブネスについて
    アサーティブネスとは
    研究の概要とかるた作成の経緯
 
第Ⅱ部 かるたを使ってアサーティブネスを理解しよう
    シンポジスト
     菅沼 憲治 (聖徳大学心理・福祉学部心理学科長)
     長田 由紀子(聖徳大学心理・福祉学部教授)
     白﨑 けい子(聖徳大学心理・福祉学部教授)
     関口 由香 (聖徳大学心理・福祉学部講師)
     伊波 和恵 (東京富士大学経営学部准教授)

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

学校法人東京聖徳学園創立80周年記念事業 第5回聖徳大学心理教育相談所主催講演会 コーチング心理学に学ぶ ~時代に合った人づくり~


 昨今、スポーツや企業における暴力・パワハラが社会問題になっています。そこで、従来の押さえつける指導方法に変わる、新しい指導方法として、コーチング心理学が注目されており、スポーツチーム、企業、子育て、教育など、様々な場面で用いられています。
 講師の武田建先生は関西学院大学時代にアメリカンフットボールのチームを数度にわたり優勝に導いた名コーチです。先生のご経験に基づいたコーチング心理学から時代に合わせた人材育成方法を紹介していただきます。

講 師 : 武田 建先生(関西学院大学名誉教授、関西福祉科学大学名誉教授)
日 時 : 平成25年7月6日(土)13:30~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
       JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 150名(事前申込不要)
参加費 : 無料
当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

これまでのイベント・講演会のレポート一覧ページはこちらから

聖徳大学心理教育相談所主催シンポジウム 家族の未来について考える~日本の家族はどのように変化するか~


 聖徳大学心理教育相談所では、地域社会に対して、家族が抱えるさまざまな問題について相談・援助を行い、同時にさまざまな情報を発信してきました。
 今、日本は社会的にも経済的にも大きな変化を迎えています。社会全体が変貌しつつある現在、日本の家族、夫婦・親子の関係はどのように変わっていくのでしょうか。
 これからの家族について、心理学の立場から考えるシンポジウムを開催します。
日 時 : 平成25年3月2日(土)13:00~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 100名(事前申込み不要)※どなたでもお気軽にご参加下さい。
参加費 : 無料
当日のチラシはこちらから 

内 容 :  テーマ 家族の未来について考える~日本の家族はどのように変化するか~
       第Ⅰ部 基調講演「変わりゆく”家族”~無縁社会とどう向きあうか~」
              講 師:岡堂 哲雄(聖徳大学心理・福祉学部長、臨床心理学研究科長)
       第Ⅱ部 シンポジウム「日本の家族の未来について考える」
           シンポジスト:村尾 泰弘(立正大学社会福祉学部子ども教育福祉学科教授)
                  佐々木裕子(聖徳大学心理・福祉学部心理学科准教授)
                  三好 和子(聖徳大学心理・福祉学部心理学科講師)
               司会:井村たかね(聖徳大学心理・福祉学部心理学科教授)

↑ページトップへ

聖徳大学 研究所リレー講演会

聖徳大学言語文化研究所、児童学研究所、生涯学習研究所、心理教育相談所の所長たちによる「いま、いちばん伝えたいメッセージ」を皆様にお届けいたします。

【心理教育相談所 講演内容】
犯罪の心理 -その時、何が人のこころを動かすのか-
日時:10月13日(土)13:00~14:30
 人はなぜ法を犯すのか考えたことはありますか? その時、何が人のこころを動かしているのでしょうか? 犯罪や非行を犯す人の性格の特徴や、子どもが突然事件を起こす心理状態について、少年院や刑務所のカウンセリングでの経験をもとに考えてみたいと思います。

日 時:9月15日(土)13:00~14:30
演 題:子どもの甲状腺がん
講 師:松浦 信夫(児童学研究所長)
 
日 時:10月13日(土)13:00~14:30
演 題:犯罪の心理-その時、何が人のこころを動かすのか-
講 師:末永 清(心理教育相談所長)
 
日 時:11月10日(土)13:00~14:30
演 題:千の風に誘われて 街・旅・仕事・生きがいづくり
講 師:福留 強(生涯学習研究所長)
 
日 時:12月8日(土)13:00~14:30
演 題:“ことば”を通して知る日本の文化史 花の名前
講 師:林 史典(言語文化研究所長)
 
主 催:聖徳大学言語文化研究所、聖徳大学児童学研究所、聖徳大学生涯学習研究所、 
     聖徳大学心理教育相談所
後 援:松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
会 場:聖徳大学10号館14階(松戸市松戸1169・松戸駅東口徒歩1分)
定 員:70名(事前申込不要)
参加費:無料
お問い合わせ:聖徳大学知財戦略課 047-365-1111(大代)
 
リレー講演会は、各回完結した内容となっております。
皆様のご来場を、こころよりお待ちいたしております。
当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

トラウマとは何か ~正しい理解で、自分と家族を守る~

 「トラウマ」という言葉は、最近、いろいろな所で使われています。自分の対処能力を超えたできごとを経験した時、私たちに一体何が起こるのか。耐えがたいできごとに対して、私たちが示す反応の意味とは。そして私たちがその当事者となったとき、一体どうすればよいのか。「トラウマ」の実際について、特徴と歴史を交えながら、わかりやすく紹介をしていただきます。

講 師 : 小西 聖子(武蔵野大学人間関係学部人間関係学科教授)
日 時 : 平成24年7月7日(土) 13:30~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
       JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 100名(事前申込不要)
参加費 : 無料
 当日のチラシはこちらから 

↑ページトップへ

エコ・フィロソフィを考える ー東日本大震災をふまえてー

 東日本大震災を契機に、地球・社会・人間の3つの織りなすシステムの危機が顕在化しました。と同時に、日本人の価値観が変わろうとしています。
 今回の講演会では、エコ・フィロソフィ(環境哲学:人間の生き方を自然環境や未来の世代との関係において探求)の研究を進めている竹村牧男先生(東洋大学長、文学部インド哲学科教授)をお招きし、今後の日本人の生き方について、仏教学の立場からお話を伺います。

講 師 : 竹村 牧男(東洋大学長、文学部インド哲学科教授)
日 時 : 平成24年3月24日(土)13:30~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
       JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 150名(事前申込不要)
参加費 : 無料
当日のチラシはこちらから  

↑ページトップへ

聖徳大学心理教育相談所主催シンポジウム 東日本大震災とこころのケア ~被災者・支援者の方へ


日 時 : 平成23年12月10日(土)13:00~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 千葉県松戸市松戸1169
       JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 100名(申込不要・入退場自由)※どなたでもお気軽にご参加下さい。
参加費 : 無料(事前申込不要)
当日のチラシはこちらから 

内 容 : 
       第Ⅰ部 基調講演「震災地の学校現場におけるこころのケア」
         講 師:上地 安昭(兵庫教育大学名誉教授・神戸カウンセリング教育研究所長)
       第Ⅱ部 シンポジウム
        「東日本大震災とこころのケア-被災者・支援者の方へ-」
           シンポジスト  末永  清(聖徳大学心理教育相談所長)
                     鈴木 由美(聖徳大学児童学部教授)
                     中川 和美(聖徳大学児童学部准教授)
                     杉嶋 洋子(聖徳大学心理教育相談所研究員)
          コメンテーター 上地 安昭(兵庫教育大学名誉教授・神戸カウンセリング教育研究所長)
          司会        菅沼 憲治(聖徳大学人文学部教授)

↑ページトップへ

研究所リレー講座


【心理教育相談所 講座内容】
第3回 10月 8日(土)13:0014:30
子どもの問題行動とその対応 -良い子に育てるためのヒント-
 子どもが問題を起こしたとき、私たち大人はどう対応すればよいのでしょうか?
 少年鑑別所長・臨床心理士としての経験をもとに、非行などの失敗例を通して良い子に育てるためのヒントをお教えいたします。

日 時 : 
      第1回 9月10日(土)13:0014:30
       児童虐待はなぜ増え続けるのか 歴史的に検証する
       講師:松浦信夫(聖徳大学児童学研究所長)
      第2回 9月24日(土)13:0014:30
       地域に輝く子どもたち 子ほめ条例のまちは変わるのか
       講師:福留 強(聖徳大学生涯学習研究所長)
      第3回 10月 8日(土)13:0014:30
       子どもの問題行動とその対応 良い子に育てるためのヒント
       講師:末永 清(聖徳大学心理教育相談所長)
      第4回 10月22日(土)13:0014:30
       「おかあさん」の語源 母親の呼称、その歴史と社会学
       講師:林 史典(聖徳大学言語文化研究所長)
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)
      千葉県松戸市松戸1169
      (JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分)
主 催 : 聖徳大学言語文化研究所、聖徳大学児童学研究所、聖徳大学生涯学習研究所、聖徳大学心理教育相談所
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 150名
参加費 : 無料(事前申込不要)
お問い合わせ
      聖徳大学知財戦略課 電話:047(365)1111(大代)
当日のチラシはこちらから 

↑ページトップへ

第2回聖徳大学心理教育相談所講演会 ストレスに負けないために ~こころと脳のかかわり、脳の健康増進~

講演会「ストレスに負けないために ~こころと脳のかかわり、脳の健康増進~」を開催 
 大きな悩みからちょっとした不安までストレスが多い現代社会。ストレスなんか感じないで毎日元気に過ごしたい!という方も多いと思います。
 講演会では、長年に渡り医療、教育、産業などの現場での診療・相談活動に加え、香り・食品・趣味・睡眠など、身近な方法による脳の健康増進の啓発活動でもご活躍中の古賀良彦先生をお招きし、そもそもストレスとはどういうものなのか、ストレスを感じないで元気に過ごす方法などをお話していただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

講 師 : 古賀良彦先生(杏林大学医学部教授)
日 時 : 平成23年7月2日(土)13:30~15:00
会 場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館) 千葉県松戸市松戸1169
      JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車、東口徒歩1分
後 援 : 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
定 員 : 200名
参加費 : 無料(事前申込不要)
当日のチラシはこちらから 

当日のイベントレポート↑ページトップへ

心理教育相談所が、6月12日(日)に開催される「楽習フェスタ2011」に参加いたします。

生涯学習研究所「楽習フェスタ2011」開催 
当日は、以下の内容をご紹介する予定です。
☆ ストレスチェック ☆ 心のケアについてのお話 ☆ 心理学と遊びのコラボ?が体験できるコーナー
会場では、ストレスや心のケアについて、わかりやすくお話させていただきます。また、子どもの心のケアに関しては、周囲の大人の対応方法もご紹介する予定です。

日 時  平成23年6月12日(日)10時から16時まで
会 場  聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館) 千葉県松戸市松戸1169
     JR常磐線・新京成線「松戸駅」下車東口徒歩1分

6月12日(日)は、「楽習フェスタ2011」にお越しください! 皆様のご来場をお待ちしております。
「楽習フェスタ2011」の詳細につきましては、聖徳大学生涯学習研究所ホームページをご覧ください。http://www.tunagari.jp/

当日のイベントレポート↑ページトップへ